医院へ電話する

CO2(炭酸ガス)レーザー

CO2(炭酸ガス)レーザー

CO2(炭酸ガス)レーザー

CO2(炭酸ガス)レーザーは、10,600nmの波長をもち細胞内の水分に反応し熱エネルギーを発生させることで、目標部位を瞬間的に蒸散させ削ることのできるレーザーです。ほくろやいぼ、盛りあがったシミ(脂漏性角化症)などの治療に適しています。
深部組織や周辺の正常な皮膚にはダメージを与えず、メスを使用する治療と比べ出血がほとんどないため、傷あとが残りにくく治りが早いのが特徴です。
当院の炭酸ガスレーザーは、コンピューター制御のスキャナー付きで患部の均一な切除が可能です。
ほくろやいぼはその深さに応じた治療が必要ですが、当院では形成外科専門医としての経験を元に適切な治療を行っています。

こんな方におすすめ

色素性母斑(ほくろ)

黒や茶色の半円形に膨らんだほくろをレーザーで蒸散し切除する治療方法です。
局所麻酔注射により痛みをとりレーザーを照射します。直後は少し凹みが生じますが2週間程度でほぼ平らになります。通常1回の処置で完了します。

脂漏性角化症(いぼ)

茶色や黒色のいぼは、脂漏性角化症とよばれ、盛り上がった部分にメラニン色素が含まれたシミの一種です。メラニン色素を含まない肌色のものもあります。
麻酔テープ又は局所麻酔注射により痛みをとり、盛りあがった部分のみ平らに削って除去します。通常1回の処置で完了します。

ニキビ圧出

炭酸ガスレーザーを使用し、ニキビの表面に極小の穴をあけ、その穴から皮脂の詰まりや膿を圧出します。麻酔は必要ありません。
皮脂の詰まりや、膿を直接取り除くので、素早く、キレイにニキビが改善します。
ニキビの表面にごく小さな穴を開け、中に詰まっている膿や皮脂を排出することで、ニキビの治りを早めます。レーザー光の熱による殺菌作用で、ニキビの再発を抑える効果もあります。

クレーター(ニキビ跡)

ニキビ跡やケガの跡が凹みクレーターになった場合、炭酸ガスフラクショナルレーザーを用いて治療を行います。フラクショナルレーザーは患部に細かく小さな穴を作り、皮膚の再生をうながす治療です。麻酔テープを貼り表面の痛みをとって治療を行います。治療の深さ、強さによって3~7日間テープやガーゼが必要です。

施術の流れ

初回診察 ※当日施術を受けることはできません。

施術日とは別日で事前のカウンセリングが必要となります。
お悩み部位を確認し、適切な施術をご案内します。
痛みやダウンタイム等の説明を受けた上で、ご希望の場合は後日の施術の予定を決めます。

初回診察

施術当日

STEP.1 洗顔

施術部位のメイクや日焼け止めを落とします。

STEP.1 洗顔

STEP.2 麻酔

局所麻酔、麻酔テープを使用し痛みを取ります。

STEP.2 麻酔

STEP.3 施術

レーザー照射予定部位を確認します。
目を保護しレーザーを照射します。

STEP.3 施術

STEP.4 施術後

軟膏、テープを貼ります。
施術当日からテープを貼ったまま洗顔やシャワーが可能です。
通常施術後2週間ほどテープを貼って過ごします。

STEP.4 施術後

治療回数・期間

色素性母斑(ほくろ) 1回(再発の場合:6ヶ月以内、費用の30%で再処置)
脂漏性角化症(いぼ) 1回(再照射の場合:3ヶ月後~)
ニキビ圧出 1回
クレーター(ニキビ跡) 4週間に1回 5~6回

注意事項

レーザー照射部位必は上皮化するまで(7日~14日)軟膏とテープが必要です。
かさぶたが自然に取れるまで剥いたり擦ったりしないようにしてください。 照射部位は紫外線を吸収しやすくなっているため、必ず日焼け止めを使用してください。

副作用

皮膚不快感、紅斑、腫脹、点状出血、かさぶた、内出血、色素沈着、感染、瘢痕が発生する可能性がありますが、時間の経過とともに軽快することがほとんどです。

治療できない方

妊娠中、授乳中、皮膚炎、ケロイド体質、光線過敏症の方

価格

ほくろ
2㎜まで(局所麻酔代含む) 10,000円
1㎜増すごとに +5,000円
いぼ
1㎜ 2,000円
ニキビ圧出
1ヵ所 2,000円
クレーター(ニキビ跡)
CO²フラクショナルレーザー 20㎜×20㎜ 10,000円