診療案内 ほくろ|かおる美容形成外科クリニック|東京|杉並区|荻窪駅前

HOME診療案内 > ほくろ

ほくろ

ほくろは皮膚良性腫瘍の一種で、年齢、部位にかかわらず生じます。 黒もしくは茶色で、平らなもの、盛り上がって丸いものが一般的です。診断の上、適切な治療法をおすすめします。 腫瘍として病理組織検査を要すると思われるもの(医師の診断による)は保険適用があります。美容目的で切除希望の場合は自費になります。

1.手術により切除する方法 (保険適応)

手術(レーザーを用いることもあり)により切除を行い、切除組織は病理組織検査に提出します。検査により良性、悪性の確定診断を行います。

2.レーザーにより削ってとる方法 (自費)

局所麻酔注射で痛みをとり、レーザーを使用してほくろを削りとってしまう方法。

皮膚が少しくぼんだ状態(凹)になりますが、軟膏をつけてテープ(茶色の目立たないテープ)で保護することにより皮膚が治って平らになってきます。

大きさにもよりますが2週間はテープで保護が必要です。洗顔、入浴、テープの上からのお化粧は当日から可能です。レーザーは1回で済みますがまれに再発があります。

1mm 5,000円(局所麻酔代含む)

3.レーザーにより色を薄くする方法 (自費)

黒や茶色の色を薄くして目立たなくする方法です。平らなほくろに向いています。

削らないので皮膚に凹みが残ることもありません。

1回でほとんど目立たなくなる方もいますが、通常は月に1回の間隔で5~6回かけて薄くしていきます。レーザー後は当日のみテープで保護して下さい。次の日からはテープをを貼る必要もありません。

5mmまで 2,000円(10mmまで3,000円)

いぼ

老人性いぼ(顔や首にできる盛り上がったしみの一種)とウィルス性いぼ(指・足・顔にできる、うつるいぼ)があります。炭酸ガスレーザーで処置を行います。

老人性いぼ、老人性血管腫 1mm 2,000円
尋常性疣贅(ウィルス性いぼ) 1mm 2,000円
局所麻酔を必要とするもの 麻酔注射代 1,000円
クリーム麻酔代 1,000円

ページの上に戻る

診療日・診察時間

月・火・木・金

10:00~13:00

14:30~18:00

10:00~13:00
(午後休診)

休 診 日

水・日・祝日

かおるクリニック

東京都杉並区荻窪5-27-5
中島第二ビル 荻窪メディカルセンター7階

TEL03-3392-7017

保険診療医療機関です。
保険証をご持参ください。
治療の内容により一部保険外診療(実費)となります。